バイクを綺麗にしよう!

バイクは定期的に洗いましょう!

日頃からバイクに乗っている方でも、そうではないという方でも、バイクは定期的に洗うようにして、綺麗な状態をキープするようにしましょう!

掃除は面倒くさくてついつい後回しにしちゃう…という方もいるようですが、それはアウト!
バイクの汚れを放置してしまうと、サビの原因にもつながって、バイクの寿命を縮めてしまう可能性があるんです。
掃除は確かに時間がかかるかもしれませんが、ざっと簡単に掃除をするだけでも、十分綺麗にすることが出来ますので、メンテナンス気分で掃除をするようにしましょう。

女性でも洗浄は簡単に出来ちゃいます!

実はバイクの掃除は、確かにある程度の時間はかかりますが、方法そのものはとっても簡単です!

まずは、専用のブラシ、専用のクロス、専用の洗剤を用意して、ボディ、タイヤ、マフラーやシートなど、目につくところをガンガン洗っていきます。
傷つかないように丁寧に洗わないとダメですが、基本ごしごしとこすり過ぎなければ大丈夫です!
様子を見ながらどんどん洗っていきましょう。

汚れが一通り落ちたら、水で綺麗に洗い流して、最後は乾いた専用クロスで、水分を綺麗に取って乾燥させていきます。
乾燥しきったら、仕上げに専用ワックスなどを使えば、洗浄完了です!

慣れるまでは手順がわからずに、もたもたしてしまう方もいるかもしれませんが、慣れてしまえばササッと出来るメンテナンスです!
大まかな汚れを落とすだけで、見た目が全く変わるので、バイクを綺麗にキープしたい方は、週に一度は最低でも洗うことをおすすめします!

また、仕上げ用クロスなど、磨くだけでツヤや輝きが出るアイテムなど、便利な掃除アイテムも売られているので、カーショップで一度見てみても楽しいかもしれません。

最後の仕上げも欠かさずに!

掃除をひと段落して、水滴もなくなったら、それで完了!
…と勘違いしてしまいがちですが、最後の仕上げのワックス類は、絶対に忘れてはいけません。

仕上げのワックス類は、ただバイクの見た目をかっこよくする目的でつけるのではなく、防塵効果、防水効果を得ることが出来たり、防錆効果を得ることが出来るんです!
掃除をしたまま何の仕上げもしないと、せっかく掃除をしても、またすぐに汚れてしまって、頻繁に掃除をしなければいけなくなります。
そうなっては面倒くさいですし、何よりせっかく掃除をしたのがもったいないので、必ず仕上げを怠らずに行いましょう!

仕上げに使えるアイテムも、カーショップには数多くあります。
中には、スプレーを吹きかけるだけでOKという簡単なものなどもありますので、好みのアイテムを見つけて利用してみてはいかがでしょうか?

ツーリングへ行く前の準備が大事

ツーリングへ行くときにあると便利なアイテムはこれ!

ツーリングへ行くときには、何かと事前準備が欠かせません。
初めてのツーリングに出掛ける方は、何が必要なのかわからず、ついつい大量に荷物を用意しちゃう方もいるのではないでしょうか?

余り大量に荷物を持っていくと、反対に邪魔になってしまいますので、持ち過ぎには注意が必要です。
最低限持っていくと良いアイテムは、主にこれが挙げられます。

まずは、簡単な食料や水分です。
ツーリングで到着した先で、どこかで食べようという計画を立てている方も、一応簡単なお菓子や水分は持っていくことをおすすめします。
理由は、到着した先のお店が急きょやっていなかったり、お店が閉店していたということもままあるからです。
頭が働かないと事故に繋がる恐れもあるので、絶対に持っていくことをおすすめします。

次に、ラジオやケータイ、ETCやカーナビ、紙媒体のマップなど、最低限のナビアイテムです。
これらは無くても大丈夫という方もいますが、合って損はないですし、そこまでかさばるアイテムでもないので、あるといざという時に役立ちます!
初めての道に行くときは特に、こうしたアイテムがあると安心感がありますよ!
電波が通じていないようなところもあるので、紙媒体の地図も持っていくことをおすすめします。

また、バイク関連で必要な最低限度のアイテムと言えば、バッテリー充電器や、持ち運びサイズに簡単な工具類などがあると良いかもしれません。
一人で行くのではなく、何人かで行く場合は、必要そうなアイテムを分担して持っていくのも良いですね!

季節に合わせて服装も工夫しましょう!

夏や冬場は特に、服装の事前準備がとても大切です。

例えば夏場の場合は、通気性が良いジャケットで、汗をかいたら拭くことが出来る、タオルなども持参しましょう。
走る場所によっては汗がダラダラになるかもしれませんので、簡単に着替えを持っていくこともおすすめします。

反対に冬場の場合は、手袋やジャケットは、通気性が良くない、出来るだけ防寒なものを用意しましょう。
手がかじかむと運転に支障が出てしまいますので、ホッカイロなどの温めアイテムも持参することが大切です。

ツーリングで繋がるライダーの輪

ツーリングをすることで、色んな出会いの場、交流の場を設けることが出来ます。
現地で出会った人たちとはもちろん、初対面のライダー仲間と情報交換をすることも出来るでしょう。

最近では女性ライダーも増えているので、一人で行っても、意外と孤独じゃありません!
女性ライダーの友達を作りたいという方は特に、しっかりと準備は万全にして、ツーリングに出掛けてみてはいかがでしょうか?