北海道ツーリングの費用はこんな感じ

北海道ツーリングの費用の明細は?

北海道をツーリングしたいという際には、北海道に住んでいるという場合を除き、様々な費用が発生します。
内訳としては、北海道に行くまでの交通費、北海道へ宿泊をする際の宿泊費、食費などをはじめとした雑費、駐車場料金など、様々な料金が発生します。

例えば、北海道へ行くまでの旅費に関してですが、北海道へは、青函トンネルを通って向かう、または、フェリーに乗って向かうことが一般的です。
ですが、現実的に考えると、フェリーにバイクと一緒に乗って、北海道入りする方が賢明でしょう。
フェリーの代金はシーズンによっても会社によっても異なりますが、相場では4万円前後になります。

宿泊をする日数やバイクを現地で利用する頻度によっても異なりますが、他にも、ガソリン代が一万円前後発生します。
現地のガソリンスタンドで入れることは出来ますが、値段が高い場合もありますので注意が必要です。
出来るだけ地元でガソリンをたっぷりと入れてから、現地に向かうようにしましょう。

そして、北海道に宿泊をする費用についてです。
北海道で止まるホテルが、ビジネスホテルなのか、それともそれなりに良い旅館なのかによってもこちらは異なります。
ですが、最低金額1万円前後を見ておいた方が良いでしょう。
ここにプラス、食費や雑貨費などの雑費も含まれることを忘れてはいけません。

北海道ツーリングを行う際にかかる費用の相場

北海道でツーリングを行う際には、上記のように決して安くはない金額が発生します。
トータルの相場として考えても、8万円前後は一度の旅で見越しておくべきでしょう。
旅先で何を食べるのか、どこに向かうのかによっても異なりますので、事前に計画プランを立てておくことが大切です。

また、万が一現地でバイクが故障した場合。
整備費用や、修理費用などが別途発生する可能性があります。
バイクが壊れてからの交通費のこともありますので、ある程度は余分に持っていくよにするべきでしょう。

一度の旅に最低金額、10万円前後は出来るだけ用意をして置き、クレジットカード、現金、両方合わせてもって置くようにすることをおすすめします。

北海道ツーリングは開放感あふれる環境!

北海道には、様々なグルメスポット、観光スポットがあります。
その為、一日二日では周り切れず、長期滞在をしたいと考えている方も少なくありません。

もちろん、その気持ちは痛いほどわかります。
ですが、何の考えもなしに現地に向かうと、余計な費用が掛かる場合がありますので、しっかりと事前に計画を立てておきましょう。
費用に関しての明細を出し、いくら必要なのかを考えて、用意するべき金額を決めていきます。

女性向けバイクブーツの選び方

女性向けバイクブーツは頑丈さで選ぶ

女性ライダーにとって欠かせないアイテムの一つである、バイクブーツ。
バイクブーツには数多くの種類がありますので、自分に合っている商品を選ぶことが大切です。
選ぶ際には、まずは、ブーツそのものの頑丈さ、丈夫さを考慮して選ぶようにしましょう。

女性の場合は特に、男性と比べると力が弱く、クラッチをあげる際などにも負担になる場合があります。
無理やり上げようとすると、足の負担になることも少なくありません。

場合によっては、足の怪我に繋がる恐れもありますので、ある程度の衝撃にも耐えられるように、丈夫なブーツを選ぶように心がけましょう。
ブーツには、布製や革製など、種類が色々とあります。
布製は出来るだけ避け、革製などの丈夫なシューズを選ぶことが大切です。

おしゃれなデザインのものを選ぶのも忘れずに

頑丈で丈夫なブーツを選ぶ必要がある女性。
ですが、女性だからこそ、デザインにも着目をすることが大切です。
デザインに着目する際には、こんなことに気をつけて見てみましょう。

まず、装飾が施されているかどうかの確認を行いましょう。
装飾の内容はブーツによっても異なりますが、フリルやリボンが付いているものなどはあまりオススメできません。
巻き込まれ事故に繋がる恐れもありますので、可愛らしくても危険性があるシューズは止めておきましょう。

デザインがどうしても欲しいという場合は、刺繍が施されているものなどを利用することをおすすめします。
メンズブーツとは異なり、探せば可愛らしい刺繍が施されたブーツなども用意されていますので、いくつかショップを巡ってみましょう。
また、女性のファッションに合わせやすい、ファッショナブルなブーツも多くありますので、いくつか比較をしてみることをおすすめします。

カラーやサイズチェックもきちんと行いましょう

女性用ライダーブーツには他にも、ブーツそのもののカラーリングや、サイズなども当然異なりますので、よく確認を行いましょう。
ネット購入の場合は特に、ネットで見て良いと思ったものが、実際に届いたらイメージと異なるということも少なくありません。
そうならないためにも、事前に詳細情報をよく確認して置く必要があります。

まず、カラーに関してもサイズに関しても、写真だけで判断するのではなく、出来れば事前に現物を見ておくと良いでしょう。
現物を見て、試着をしておくことで、購入の際のミスを防ぐことができます。
購入した後、イメージと違ったという自体を防ぐことが出来るので、リアルショップ巡りをすることもおすすめです。

そして、返品交換可能なショップで購入することもおすすめです。
こちらの場合、購入してからイメージと違った場合は、返品をすることができます。

京都、天橋立へツーリングしたよ

日本三景、京都の天橋立!

関西の日本三景と言えば、宮城県の松島、広島県の厳島、そして、京都の天橋立が挙げられます。
正に絶景と呼ばれる観光スポットで、バイク乗りだけではなく、ドライブでこちら近辺に訪れる方も少なくありません。

この天橋立は、島と島とを結んでいる、まるで橋のような役割をしている自然的スポットとして知られています。
実際に歩いて渡ることも出来ますし、天橋立を上の方から見て、その景色を楽しむことも出来ますので、好みの楽しみ方をしてみることをおすすめします。
もちろん、バイクで訪れていれば、移動も楽ちんなので、どっちも楽しむことも難しくありません!

場所によって見え方が違うのが魅力の一つ

天橋立は、見る場所によって、受ける印象が変わるのが特徴として知られています。

例えば、ある場所から見れば、空に昇っていく竜のように。
ある場所から見ると、飛んでいる最中の竜のように見える、どちらにせよ非常に雄大な景色を味わえることで知られています。

ですが、見方が非常に独特で、ただ見ているだけでは、お望みの景色を見ることが出来ません。
天橋立でそうした景色を見るためには、股から除くようにして、逆さに見ることで、その景色を味わうことが出来るでしょう。

はたから見るととんでもない姿ですが、その状態で見る景色は正に絶景!
空に向かって登っていく竜の状態や、飛んでいる竜の状態を、実感することが出来るでしょう。
近辺には股のぞき台と呼ばれる台も設置されており、観光客で賑わっています。

出来るだけ早めに行くことがおすすめです

このように、絶景を望むことが出来る、天橋立。
有名スポットだからこそ、混雑してしまう前に、出来るだけ早めに訪れるようにすることをおすすめします。

その理由は混雑を避けるためというのももちろんありますが、景色をゆっくりと楽しむためというのが一番の理由です。

写真を逆さにとってカメラに収めてしまえばそれで済む話なのですが、せっかくであれば、股のぞき台から、三大絶景を眺めたい物!
ですが、人が居るとどうしても恥ずかしくなってしまいますので、景色を楽しみにくくなってしまいます。
後から楽しめばよかったと後悔しないためにも、出来るだけ早めに向い、人が居ないうちに、存分に景色を楽しんでみることをおすすめします。

黒ちくわのグルメも味わって!

近くには、名産品である、黒ちくわが販売されている屋台もあります。
旬の魚を骨ごと砕いて作った宮津のちくわは絶品で栄養も満点!
体にも優しいため、ついついたくさん食べ過ぎてしまうかもしれませんね!

天橋立を歩いて渡ることも出来ますので、グルメを食べ歩きしながら、自然パワーを味わってみてはいかがでしょうか?

滋賀の並木道を早朝ツーリング

滋賀県と言えば、メタセコイア並木道でツーリング

滋賀県でツーリングをする際におすすめなのが、緑溢れる静かな並木道として知られている、メタセコイア並木道です。

まるで自然のトンネルをくぐり抜けているかのような、非常に立派な並木道の下を、颯爽と走ることが出来る、この並木道。
夏場などは特に、少し上を見上げると、まるで木に守られているような、雄大なパワーを感じることが出来るでしょう。

そんな自然の多さから、この並木道では、日本猿の目撃情報もあるそうです。
野生のニホンザルだそうですが、決してエサなどはやらないように、下手に刺激をしないように心がけましょう。

ツーリングの際には早朝がおすすめ

メタセコイア並木をツーリングする際には、早朝ツーリングがおすすめです。
その理由は主に、これらが挙げられます。

まず、早朝であれば車どおりが少なく、メタセコイア並木そのものの道はそうですが、現地に行くまでも、スムーズにいくことが出来るという点です。
この近辺には他にもいくつか観光スポットがありますので、日中になると車どおりが多くなり、場合によっては渋滞が起きる可能性もあります!
その為、出来るだけ早朝に行って帰ってくるようにすると、気分よく颯爽と走ることが出来るでしょう。

また、早朝の車どおりが少ない並木道を何往復もするのも楽しいポイント。
自然のエネルギーをこれでもかというほど浴びることが出来ますので、自然のパワーを浴びたいという方は、早朝に訪れることをおすすめします。

次に、早朝の方が快適にツーリングをすることが出来る点です。
夏場などの暑い時期は特に、昼間は暑くてツーリングをしている場合ではありません。
早朝ですと、心地よい空気に触れながらのツーリングになりますので、非常に爽やかな気分になると言えるでしょう。

道の途中には琵琶湖や田園風景もたっぷり

並木道を訪れるのももちろん最高の気分を味わえますが、滋賀県には他にも、様々なツーリングスポットがあります。

例えば、滋賀県と言えばやっぱり琵琶湖です。
空と湖のコントラスト、辺り一面に広がる雄大な湖は、正に絶景。
並木道とはまた違った自然を感じることが出来ますので、せっかくであればぜひとも訪れるべきでしょう。
来る方向によっては、並木道を通過して、琵琶湖に到着することも出来れば、そのまた反対を味わうことも出来ます。

また観光スポットの他にも、途中途中、コンビニなどのライダーに優しいスポットが用意されているのも嬉しい点です。
朝ご飯や途中のおやつなどを買うにもちょうど良いので、休憩がてら何かあったら立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
滋賀県は、ライダー向きのスポットが意外と多い地域です!

北海道を一人でツーリング

北海道はツーリングスポット目白押し!

北海道は、景色良し、空気良し、美味しい物もたっぷりある、正にツーリングにはベストな環境が整った地域と言えるでしょう。
そんな北海道をツーリングする際には、闇雲に走りまわっても楽しいかもしれませんが、いくつかスポットを決めて巡るようにしてみてはいかがでしょうか?
北海道のツーリングスポットとして人気な場所には、主にこのような場所が挙げられます。

安定のラベンダー畑でほっこりラベンダーに囲まれる

北海道の観光スポットとして知られている、ラベンダー畑。
中をバイクで走ることはもちろんできないものの、色鮮やかなラベンダーを見ると、リラックス出来、ツーリングで疲れた心と体が癒されるでしょう。

観光にピッタリなのはもちろんですが、癒しを求めて休憩したいときにもピッタリ!
販売されているソフトクリームも、さすが北海道、絶品です!

牧場を巡るのも楽しみの一つ

北海道と言えばやっぱり牧場も見どころの一つ。
雄大な自然に放たれている牛や羊たちののびのびとした姿を見るだけで、目の保養になること間違いないでしょう。

牧場によっては、産地直送とれたて牛乳や、出来立てチーズ、作り立てソフトクリームなどを食べることが可能!
産地ならではの美味しさに、ついめまいがしてしまうほど感動してしまうかも!

グルメ巡りもバイクなら楽々!

北海道には美味しいグルメスポットが数多く存在しています。
海鮮丼、ラーメン、焼きトウモロコシ…
上げ始めたらきりがありませんが、そんなグルメ料理ショップをたっぷりと簡単に巡ることが出来るのが、バイクの旅ならではと言えるでしょう。

バイクは意外と体力も使うので、すぐにお腹もペコペコになること間違いなし!
電車などの本数が少ない地域もありますので、下手に公共機関を使うよりも、圧倒的に早くグルメ巡りをすることが出来るでしょう。

せっかく来たなら絶対最北端に行きましょう!

北海道と言えば、日本の最北端として知られている、宗谷岬を忘れてはいけません!
宗谷岬付近には、日本最北端のマクドナルド、日本最北端のガソリンスタンドなど、最北端を謳った様々なショップが軒を連ねています。

バイクであればそんな店店を簡単に回ることも出来ますし、何より、最北端を言って帰ってして、別のスポットに行くこともわけありません。
日本最北端、宗谷岬に立ち寄ることも、忘れないようにしましょう!

北海道で思い出づくり

北海道はこのように、様々なツーリングスポットが並んでいます。
グルメ、観光スポット、一通りありますので、自分の好みの場所を訪れてみてはいかがでしょうか?
観光に訪れた際にはぜひとも、愛車を一緒に連れていくことをお勧めします。
愛車と一緒に訪れることで、最高のツーリングの思い出が出来るでしょう。

和歌山、高野山奥の院へツーリング

和歌山と言ったら、高野山奥の院!

和歌山県でツーリングをしたい方にピッタリのスポットと言えば、やはり高野山、奥の院がおすすめです!
高野山は非常に神聖なスポットとして知られており、様々な歴史溢れる場所として、日々、多くの参拝客が訪れています。

高野山は、弘法大使空海が、未だに生きている(?!)とされているスポットとして知られています。
実際に生きているかは別問題として。
なんでも、深い瞑想をされながら1200年もの間、私たちを見守り続けてくださっているそうです。

当然ながら、非常に神聖な地にいらっしゃるので、一般参拝者はそのお姿を拝むことが出来ません。
ですが、引法大師空海に、毎日二回お食事をお届けする、生身供(しょうじんく)と呼ばれる儀式が行われており、そちらは見学させて頂くことが可能です。

生身供ではどんなことが行われるのか?

生身供では、実際に食べることが出来る、お米、お味噌汁、旬の野菜を使ったお料理を、空海様の元にお届けします。
ただお届けするだけではなく、儀式の内容にはいくつか手順がありますので、その儀式を見ることが出来るでしょう。

まずは、高野山奥の院で修業を積まれているお坊様が、お食事をお運びします。
お運びする際には、専用の白木で出来た箱が利用され、その中にお食事が収められています。

お食事はそのままお持ちするのではなく、一度あじみじぞうと呼ばれるお地蔵様の前にお食事を差し出して、毒見の儀式が行われます。
毒見の儀式が終わった後、ゆいなと呼ばれる僧侶を先頭に、お食事の入った箱を担いだ、僧侶二人が続きます。

その後、空海様が居る、高野山最大の神聖地に向かい、お食事のお届けは完了となります。

こちらの儀式は、朝6時と、朝10時半の計二回行われていますが、ツーリングのことを考えると、出来れば早朝ツーリングをして、6時に間に合うようにすると良いでしょう。

近辺には憩いのスポットもたくさん!

高野山奥の院の近辺には、レストランなど、ゆっくりとご飯を食べることが出来る場所もいくつかあります。
自然に溢れている地域にツーリングに行く際にはついつい心配してしまうかと思いますが、その点は安心してください。
お腹が減ったり疲れたりしたら、休憩できるスポットはいくつかあります。

また、自然に溢れているパワースポットですので、万が一上手く時間が合わずに、お食事の儀式を見られなくても、参拝をするだけで、そのありがたみを実感することが出来ます。
和歌山近辺でツーリングスポットを探されている方は、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

お食事の儀が見られなくても、あじみじぞうだけでも拝見するというのも、思い出つくりに最適でしょう。

水越峠と竹之内峠をまったりツーリング

大阪方面のツーリング場所と言えば、水越峠

大阪方面のツーリングスポットと言えば、有名なのが水越峠ではないでしょうか?
水越峠は、奈良方面と大阪方面をつなぐ峠のことで、昼であれば初心者でも走りやすく、道中様々な名所があることで知られています。

例えば、祈りの滝という、名水水飲み場として有名なスポットです。
美しい綺麗な水が出ている小さな滝があるのですが、小さいながらも自然に囲まれた緑溢れる場所は、立っているだけで何だか心が休まることで知られています。

また、実はこの辺り、心霊スポットとしても知られているそう!
夜になると幽霊目当てにこの辺りを訪れるカップルもいるそうですが、個人ライダーや、幽霊が苦手な方はやめた方が良いですね…。

もちろん他にも、コンビニや、美味しいコーヒーを飲むことが出来るカフェもありますので、途中まったりと休憩をしたい方にもピッタリです。

竹ノ内峠も捨てがたいツーリングスポット

出来るだけまっすぐな道をガンガン走りたいというライダーにおすすめなのが、竹ノ内峠方面のツーリングスポット。
この場所も、静かな山の中を颯爽とバイクで走ることが出来るので、初心者ライダーでも比較的走りやすいのが特徴でしょう。
夜になるとこちらも、かなり暗くなりますので、あまりおすすめできません。

この近辺の山は、二上山という火山として知られています。
大昔に噴火をした際に蓄積した、凝灰岩を見ることが出来るスポットととして知られており、波打っているようにくねくねとした独特な層が特徴です。
どんずるぼうと呼ばれるスポットでこの凝灰岩を見ることが出来るので、近くまで言った方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

また、竹ノ内街道をちょっと下ると、田園風景の先に、ブドウ畑が広がっています。
このブドウ畑で作られるブドウは、名産品である飛鳥ワインに利用されるブドウとして知られていて、季節によっては立派に生い茂ったブドウを眺めることも出来るでしょう。

水越、竹ノ内、共にまったりとした雰囲気が特徴のツーリングスポット

全体的に自然に溢れた、自然ならではの雄大さとゆったりとした感じを味わうことが出来るのが、この辺りのツーリングスポットの特徴です。
夜に来ると危険な場所もありますので、出来るだけ昼の明るいうちに訪れるようにしましょう。

中には心霊スポットもあるそうですので、一人で行く際には注意がいるかも…。
ですが、全体的にまったりとした、穏やかな雰囲気を味わうことが出来るスポットで、初心者ライダーでも苦労なく走ることが出来る場所です!
出来るだけまっすぐいろんな道を走りたいという方は、この近辺にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

バイクを綺麗にしよう!

バイクは定期的に洗いましょう!

日頃からバイクに乗っている方でも、そうではないという方でも、バイクは定期的に洗うようにして、綺麗な状態をキープするようにしましょう!

掃除は面倒くさくてついつい後回しにしちゃう…という方もいるようですが、それはアウト!
バイクの汚れを放置してしまうと、サビの原因にもつながって、バイクの寿命を縮めてしまう可能性があるんです。
掃除は確かに時間がかかるかもしれませんが、ざっと簡単に掃除をするだけでも、十分綺麗にすることが出来ますので、メンテナンス気分で掃除をするようにしましょう。

女性でも洗浄は簡単に出来ちゃいます!

実はバイクの掃除は、確かにある程度の時間はかかりますが、方法そのものはとっても簡単です!

まずは、専用のブラシ、専用のクロス、専用の洗剤を用意して、ボディ、タイヤ、マフラーやシートなど、目につくところをガンガン洗っていきます。
傷つかないように丁寧に洗わないとダメですが、基本ごしごしとこすり過ぎなければ大丈夫です!
様子を見ながらどんどん洗っていきましょう。

汚れが一通り落ちたら、水で綺麗に洗い流して、最後は乾いた専用クロスで、水分を綺麗に取って乾燥させていきます。
乾燥しきったら、仕上げに専用ワックスなどを使えば、洗浄完了です!

慣れるまでは手順がわからずに、もたもたしてしまう方もいるかもしれませんが、慣れてしまえばササッと出来るメンテナンスです!
大まかな汚れを落とすだけで、見た目が全く変わるので、バイクを綺麗にキープしたい方は、週に一度は最低でも洗うことをおすすめします!

また、仕上げ用クロスなど、磨くだけでツヤや輝きが出るアイテムなど、便利な掃除アイテムも売られているので、カーショップで一度見てみても楽しいかもしれません。

最後の仕上げも欠かさずに!

掃除をひと段落して、水滴もなくなったら、それで完了!
…と勘違いしてしまいがちですが、最後の仕上げのワックス類は、絶対に忘れてはいけません。

仕上げのワックス類は、ただバイクの見た目をかっこよくする目的でつけるのではなく、防塵効果、防水効果を得ることが出来たり、防錆効果を得ることが出来るんです!
掃除をしたまま何の仕上げもしないと、せっかく掃除をしても、またすぐに汚れてしまって、頻繁に掃除をしなければいけなくなります。
そうなっては面倒くさいですし、何よりせっかく掃除をしたのがもったいないので、必ず仕上げを怠らずに行いましょう!

仕上げに使えるアイテムも、カーショップには数多くあります。
中には、スプレーを吹きかけるだけでOKという簡単なものなどもありますので、好みのアイテムを見つけて利用してみてはいかがでしょうか?

ツーリングへ行く前の準備が大事

ツーリングへ行くときにあると便利なアイテムはこれ!

ツーリングへ行くときには、何かと事前準備が欠かせません。
初めてのツーリングに出掛ける方は、何が必要なのかわからず、ついつい大量に荷物を用意しちゃう方もいるのではないでしょうか?

余り大量に荷物を持っていくと、反対に邪魔になってしまいますので、持ち過ぎには注意が必要です。
最低限持っていくと良いアイテムは、主にこれが挙げられます。

まずは、簡単な食料や水分です。
ツーリングで到着した先で、どこかで食べようという計画を立てている方も、一応簡単なお菓子や水分は持っていくことをおすすめします。
理由は、到着した先のお店が急きょやっていなかったり、お店が閉店していたということもままあるからです。
頭が働かないと事故に繋がる恐れもあるので、絶対に持っていくことをおすすめします。

次に、ラジオやケータイ、ETCやカーナビ、紙媒体のマップなど、最低限のナビアイテムです。
これらは無くても大丈夫という方もいますが、合って損はないですし、そこまでかさばるアイテムでもないので、あるといざという時に役立ちます!
初めての道に行くときは特に、こうしたアイテムがあると安心感がありますよ!
電波が通じていないようなところもあるので、紙媒体の地図も持っていくことをおすすめします。

また、バイク関連で必要な最低限度のアイテムと言えば、バッテリー充電器や、持ち運びサイズに簡単な工具類などがあると良いかもしれません。
一人で行くのではなく、何人かで行く場合は、必要そうなアイテムを分担して持っていくのも良いですね!

季節に合わせて服装も工夫しましょう!

夏や冬場は特に、服装の事前準備がとても大切です。

例えば夏場の場合は、通気性が良いジャケットで、汗をかいたら拭くことが出来る、タオルなども持参しましょう。
走る場所によっては汗がダラダラになるかもしれませんので、簡単に着替えを持っていくこともおすすめします。

反対に冬場の場合は、手袋やジャケットは、通気性が良くない、出来るだけ防寒なものを用意しましょう。
手がかじかむと運転に支障が出てしまいますので、ホッカイロなどの温めアイテムも持参することが大切です。

ツーリングで繋がるライダーの輪

ツーリングをすることで、色んな出会いの場、交流の場を設けることが出来ます。
現地で出会った人たちとはもちろん、初対面のライダー仲間と情報交換をすることも出来るでしょう。

最近では女性ライダーも増えているので、一人で行っても、意外と孤独じゃありません!
女性ライダーの友達を作りたいという方は特に、しっかりと準備は万全にして、ツーリングに出掛けてみてはいかがでしょうか?